バカボンのパパ

どうも、記事書く書く詐欺師の僕です。

何も書かない間にもコメントを頂いていたり、読者様には感謝しております。

最近の我が家

子供達と釣りに行く事が増えました。

小アジ等をサビキで釣ってキャッキャと騒いでいるくらいですが、子供達は楽しいようで、

「次はいつ行く???」

と頻繁に聞いてきます。

秋の気配も見え隠れしだしたので、そろそろ大物を狙って違う釣り方も教えてみようと思っています。

せめてこの倍くらいのサイズが釣れるように(笑)

つい最近の事ですが、初めて寿司を握ってみたんですよ。

シャリをフワッと握る感覚がなかなか難しくて面白いです。

子供達はおにぎりなみにギュウギュウと締めて握ってました(笑)

でも上手でしょ?

「今度は自分達で釣ったハマチかブリで握りたいねー」

なんて話しています。

タイトルの件

バカボンのパパと同じ歳になりました。

今年の誕生日も昨年と同じような感じで平常運転。

私事ですが、本日40歳になりました。 誰からも祝われる事なく。。。 こんな寂しい40代の幕開けなんて想像すらしていなかっ...

子供達は誕生日の数日前に

「もうすぐとーちゃんの誕生日やな!」

と言っていたが、当日はすっかり忘れていたようだ(笑)

あ、、Twitterのフォロワーさんの一人が昨年の事を覚えてくれていて、DMを送ってきてくれたが、誕生日らしい事はホントにそれくらいだった。

わかっていた事だけど、元妻からは何もなし。

悲しいもので、「あるはずがない」とは思っていてもほんの少し、、、ほんの少し期待してしまう自分がいる。

子供達が寝て日課の夜自転車トレーニングの後、0時まで連絡がないか起きて待ってみたが、数年間のLINEでのやりとりを遡って読み、再び自分の心に傷を作っただけだった。

今年、僕は本厄らしいという事は以前にも述べたと思うが、これで本厄は抜けたのだろうか?

それとも今年が終わるまでが本厄なのだろうか。

柄ではないが、この「厄」というものについて少し気にしている。

元妻に対して何らかの行動を起こして、現状を少しでも僕と子供達の望む未来に近づけたいと考えているが、厄の時期を考えると今は動き出すべきではなく静観する事が得策なのではないかと慎重になってしまう。

熱心に信仰しているわけでもなく、むしろ無信仰に近いくらいな自分でもネガティブな要素は外したいと考えるほどにナイーブになる。

腫れ物に触るような。。。そんな感覚。

下手をすればまた心に大怪我をしてしまう恐怖。

人を信じることが再びできるのかという不安。

心の弱さを厄のせいにしているだけかもしれないが・・・

面会中は「都合良く母親面して。。。」と思ってイライラする事も多い。

まだまだこれからも自分の心と戦っていかなければならないし、途方に暮れそうな時もある。

昨年も書いたが、それでもやっぱり元妻が40歳になる時には傍に居て祝いたいと思う。

そんな41歳の幕開け。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりの芋 より:

    お誕生日おめでとうございます( *´﹀`* )

    人を信じる事ができるのかという不安。
    すごく良くわかります(´;ω;`)

    厄のせいにしちゃいましょう!
    全部厄のせいです。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。

    芋食べて元気出しましょう。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。

    • えすたま より:

      お芋さんありがとうございます。
      全部厄のせいにしちゃえば楽なのでしょうけど、現実はねぇ・・・(笑)

  2. クールビズ より:

    お久しぶりです。
    遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
    握りとても美味そうです。
    なんか父子の微笑ましい光景が目に浮かびます。

    私は厄の事は普段から気にしない性格なのでなんとも言えないのですが、誠実に時を刻んでいるえすたま様には、悪い厄はつかないのでは…

    貴方達父子が健やかに過ごせるように‼️

    • えすたま より:

      クールビズさん、お久しぶりです。
      ありがとうございます。
      娘がこういう事が好きなようで、がっついてやってました^^

      僕も占いだとか厄だとか気にしないタイプだったのですが、ここ数年で神経質になってしまったなぁと思います。

  3. アラフォー東北人 より:

    東北人です。だいぶ日が経過しておりますが、誕生日おめでとうございます(..)私も誕生日はダイレクトメールが最初のお祝いメッセージでした。彼らは裏切らないですね(笑)。記憶力抜群です。

    楽しそうな、また美味しそうな写真をありがとうございます。お子さんたちはアウトドア力が高いですね。すごいです。たくましいですね。

    とても癒されました。ありがとうございます。

    • えすたま より:

      東北人さん、ありがとうございます。
      子供達の元気さに助けられる日々です。

      いつもありがとうございます。

  4. アラフォー東北人 より:

    東北人です。「都合良く母親面して」と書かれていますが、面会はどのくらいの頻度になりますか?習い事の送迎なんかの役割をお願いして子どもさんに関わってもらうのは難しいのでしょうか・・。元妻さんの言動を聞いていると、子どもさんには会いたい方のような印象を受けています。喜んでしてくれるような気がします。通りすがりの人間が口を出してすいません(..)えすたまさんのイライラは当然で、それを緩和出来ないか考えた次第です。生意気に申し訳ありません(..)

    • えすたま より:

      面会は月に2~3回、元義理実家に泊まりが1回くらいです。
      元妻は子供達に会う事を楽しみにしているのはまちがいありません。
      しかし、現状の育児に対する苦しい部分や悩み等は知る由もなく、
      楽しい事ばかりで好き勝手してズルくないか?と考えてしまいます。
      常にではないのですが、家族を裏切った人が母親の顔をしている事がどうにも納得できない時があります。

  5. ランニングマン より:

    えすたまさん、初めましてランニングマンと申します。
    1年程前よりこのブログ拝見させて頂いております。
    フラバ、胸が締め付けられる思い共感致します。

    私も1年半前に妻の不倫が発覚し、何とか再構築できないかと頑張ってきました。しかしもう限界だと思っています。
    小学5年長男、小学1年次男の子供たちがいます。
    私にはこの子供達を手放すことができず離婚という決断ができないでいます。
    5年後10年後の幸せのために今辛い決断をするべきなのか・・・
    もしよろしかったら私に何かアドバイスを下さい。

    • えすたま より:

      ランニングマンさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      再構築、がんばってらっしゃるのですね。
      心中お察しします。

      ランニングマンさん夫婦の背景がわからないので、軽々しくアドバイスという事はできないのですが、
      僕は5年後、10年後にもう一度家族の形を取り戻す為に離婚しました。
      妻に本当に大事な事に気付いて欲しかった事と、僕自身の精神が限界を超えそうな予感がしたからです。
      今、ひとつだけランニングマンさんに言える事は、「自分が壊れないようにしてほしい」それだけです。
      事態が好転することを心から祈っています。