わが家のひなまつり

今日はひなまつりでしたね。

TwitterのTLにもひなまつりに関する投稿が多い。

うちにも娘がいるので、少しくらいはそれっぽい事をしてみようかな。と考えたのですが、うちに雛人形はないし、立派な雛人形は高くてとても買えない。

買えたとしても来年にはカビを生やしてしまっていること必至(笑)

せめてちらし寿司でも買って、、、、いや、作ろう!

父子家庭の味方cookpad

いつもお世話になっていますcookpad

時刻は16時を回っています。

ちょっと焦りつつ検索。

その中でおお!と思ったのがコチラ

いつもの釜めしに簡単トッピング♪ 見た目華やかなちらしずしが完成!

釜飯でちらし寿司って珍しくないですか?

簡単にできて、きっと子供達も喜ぶだろうとニヤニヤしながらスーパーで食材と釜飯の元を買ってきました。

そもそもひなまつりって?

日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。

出典元:引用 – Wikipedia

だそうです。

思い起こせば産まれてまもなく心臓の手術をした娘。

その事についてはこの記事の中で少し触れています。

うちには小学3年の息子と小学1年の娘が居ます。 この2人の子供達を命がけで産んでくれた元妻には感謝しかありません。 僕に...
  • 生後まもない娘の体にメスを入れなければならなかった時の無念さ。
  • 親としてだた見守る事しかできない無力感。
  • 娘の将来の事。

当時は相当に病みました。

今ではちょっとは大人しくしてなさいよ!と思うくらいに元気でひょうきん者。

家の中のムードメーカーで皆を笑わせてはニコニコしていて、わが家のマスコット的存在。

徒競走はそんなに得意ではないけど、マラソンは学年2位、体操や跳び箱、縄跳び等皆の前で手本を見せる事も多く運動神経はバツグン。

頭の回転も早く、掃除機をかけていたら先回りして物をどけてくれる。

お菓子大好き(笑)

優しくて人の気持ちがわかるけど、意外とドライなところがあったり。

何よりスーパープリチー。

そんな娘の健やかな成長を祈る日なんですね。

元気に育ってくれる事が一番

炊飯器をセットして錦糸玉子を作り、マグロとエビを切ってキュウリをスライス。

炊き上がった炊き込みご飯にお酢と砂糖、塩を入れて冷まし、具材をのっけて

ハイ、完成

もちろんハマグリのお吸い物付きですよ。

ひなまつりとかどうでも良いといった感じの子供達。

バクバクと食べて二人とも珍しくおかわり。

いつもとーちゃんの作ったご飯おいしくないのかな?(笑)

いつも寝る時には「はい」と両手を広げて寝室までだっこをせがむ娘。

君が望むならとーちゃんは高校生、大学生になったって君を寝室まで連れて行くよ。たとえ老化で君を抱えられなくなっても、背中におぶって階段を上ろう。

まぁ、そんな事はないか(笑)

どんな事があってもとーちゃんが絶対に守るから、これからも元気に自分らしく成長していってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする